K-Ballet「くるみ割り人形」

バレエ, 舞台鑑賞


12/26 赤坂ACTシアター

マリー姫:浅川紫織
くるみ割り人形/王子:遅沢佑介
クララ:日向智子
ドロッセルマイヤー:S.キャシディ

DVDしか見たことなかったけど始めて生でKのくるみ見に行ってきました!
舞台美術の展示でも見たけど大きなくるみとか時計とかすごい素敵。
シュタールバウム家のセットもイイヨイイヨ。
DVDだとスタジオ撮影っぽくよっているから
あまりよさがわからなかったけど、生だと凄さがよくわかるしワクワク
クララの日向さん、顔が小さい!可愛い
踊りも軽やかで本当に少女のよう。

よくみかける演出とか色々違うので、ツリーが大きくなる曲のシーンは
クララがくるみ割りの王子を追いかけるかどうかの葛藤。
ねずみと兵隊の戦いはチーズ弾、きたこれw
遅沢さんの倒れ方が上手すぎてつぼった!!
漫画みたいにへろりんって。ヘロリン!!ってwww
(後でDVDにて熊川さんと比べたけど遅沢さんの倒れ方のほうが面白かったよw)
クララ、ドロッセルマイヤー、王子とのトロワは
難しいリフトの連続。

雪のシーンは圧巻でしたー。
難しすぎる振付なのに、揃っていたし2階席だったので
アラベスクで自転するところのそろい方がよく見えました。
あのストゥニュー2回転みたいなのすごすぎる(*o*)
雪の女王の
一度、雪はやりたかったなぁ。
思った以上に雪を降らせてたので怖かったけど
幕間に掃除機でガーガーすってましたw

2幕。
ねずみたちの目論見も虚しく、無事にくるみを割り、
マリー姫は元の姿に。
浅川さん、美しい
踊りも気品があってオーラ2階までバッチリきてた。

マリー姫とクララが踊るシーンもあり、
並ぶとクララが子供っぽく見える舞台もあるのですが
クララの日向さんが落ち着いた踊りで良い雰囲気でした。

アラビア、難しいリフトに後ろの人が
「ワァッ・・・」って思わず声漏らしてた(^^;
足だけ持つヤツ、怖そうだよねぇ。

トレパックチームは飛ぶ飛ぶ!
実はこれもやってみたいw

個人的には葦笛の3人チームが良かった。
あの音のはまり具合、ルティレの止まり方、あんな風にとれたら
さぞかし気持ちがいいだろうなぁ(≧▽≦)

グランは本当に夢のようにゴージャスであっという間に終幕。
DVDでは家に帰って目覚めたクララの枕元にマリー姫の人形、
足元の方にくるみ割りの王子の人形あったけれど、
今回は赤い包みにリボンがかかった箱が足元にあって
あけるとくるみ割りの王子とマリー姫の人形。

部屋の窓の位置もDVDは真正面にあったけど、今回は下手より。
深夜、ツリーのある客間に飾られているくるみ割り人形も
DVDは下手、人形劇に使ったお城のところにあったけど
今回はツリー正面に。
プレゼントを渡すのもDVDはサンタさんが床に置いた袋から
取り出して渡していたけど、今回はワゴンの上に並べて置いてあるのを渡してました。
2幕のクララのティアラとか、お芝居の部分の動作とか結構変わってました。
DVD出たの2006年だから年々、改良?されているのかもしれないですね。

しかしみんな、難しいリフトをさらっとやるのがすごかったです。
わりと後ろ向きのリフトとか行くぞーみたいな感じにもなったりするのに
気づいたら肩に乗ってたよ!みたいな。
ドン・キの時も思ったけどテンポも早めで私は好き~。
曲は有名だし、長さもちょうど良いしバレエ見たことなくても
絶対に楽しめる作品だと思います。
お勧め。

春のピーター・ラビット&真夏・・・も見に行きたいなぁ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA