ゲームとか

乙女ゲー, ゲーム


先日までやっていた「ときめもGS」はちょっと前に一応、一通りクリアしました。
男の子の他に女の子のお友達と親友になって終わるEDがあるんですが
逆に女の子とのEDのほうが泣けました(ノ_・、)
特に「自称学園のエトワール」瑞樹ちゃんとのEDはめっちゃ泣きました。
声はチョッパーの人がやってて中途半端なフランス語とかに
笑わせていただきました。
男の子では王道に「王子」ED、泣けました!
一応、物語の主人公ですしね。
もう乙女街道まっしぐらですよ、奥様!(笑)

で、今やりたいのは「金色のコルダ」。
音楽学校が舞台でこれもまぁ乙女ゲーなんですが
面白いのは好きな相手と合奏できるんですー。
クラシックが100曲以上はいってるらしく、
主人公はヴァイオリンなんですが、相手はピアノだったり
フルートだったり、楽器も様々。
クラシック音楽のゲームは「ブラボーミュージック」を
一時期、狂ったようにやってました_| ̄|○
あれのおかげであまり好きじゃなかった「火星」が
結構好きになったんだっけか。

「コルダ」はわりと前に出たヤツで知ってはいたんですけど、
何より乙女ゲーに興味がなかったし
難易度も高いらしいので躊躇してたんですよ・・・・。
RPGのようにかけまわって楽譜を集めたりしないといけないし
曲も「解釈」を集め、さらに「表現」を会得しないといけないのです。
コンクールで優勝し、なおかつお目当ての彼をゲットという感じ。
PC版からPS2に移植されたくらいなので人気はあるんでしょうね。
ちょっと前から、漫画にもなってます。未読ですが。
音楽漫画といえばのだめ。
うっかり読んでません・・・
ハチクロも読んでみたいし、いよいよ漫画喫茶デビューかな。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA